エアフレーム

効果の内容

花粉を燃料とするフレームシステムで、フレームボール(火の玉)フレームプロジェクター(火柱)を現出させます。
フレームをつくる燃料としてよく使われるのは、LPガスなどの可燃性ガス、煙火、可燃性液体燃料などがあげられますが、これらは可燃性が強く規制を受けやすいものと言えます。しかしエアーフレームは花粉を燃料としており、花粉自体は可燃性が弱く規制を受けにくいものと言えるでしょう。

使用法のバリエーション

遠隔操作により、キッカケで点火、燃焼させることが可能です。

サイズ:W220 X D320 X H440
重量:使用電源:AC100V 5V

仕様 炎噴出能力 フレームボール

炎高 炎幅 噴射回数
2m 約1m  

仕様 炎噴出能力 フレームプロジェクター

炎高 炎幅 噴射回数
2m 約m